総計: 1319156  今日: 6  昨日: 102       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
日本の山車 日本の山車
 お知らせ
標題の写真説明
2014-07-01
  北海道
    ◆北海道
  東北
    ◆青森県
    ◆岩手県
    ◆宮城県
    ◆秋田県
    ◆山形県
    ◆福島県
  関東
    ◆茨城県
    ◆栃木県
    ◆群馬県
    ◆埼玉県
    ◆千葉県
    ◆東京都
    ◆神奈川県
  甲信越
    ◆新潟県
    ◆富山県
    ◆石川県
    ◆福井県
    ◆山梨県
  中部
    ◆長野県
    ◆岐阜県
    ◆静岡県
    ◆愛知県
    ◆三重県
  近畿
    ◆滋賀県
    ◆京都府
    ◆大阪府
    ◆兵庫県
    ◆奈良県
    ◆和歌山県
  中国
    ◆鳥取県
    ◆島根県
    ◆岡山県
    ◆広島県
    ◆山口県
  四国
    ◆徳島県
    ◆香川県
    ◆愛媛県
    ◆高知県
  九州
    ◆福岡県
    ◆佐賀県
    ◆長崎県
    ◆熊本県
    ◆大分県
    ◆宮崎県
    ◆鹿児島県
  沖縄
    沖縄県
  表題の写真説明

 

  玉依姫 様 (六六七)
玉依姫 様 (六六七) これは仮説です。 縄文時代に作られた石器を特徴づけるものに【石鏃】の縁辺が波状鋸歯(はじょうきょし)になったものがあります。これとおなじような形式の石鏃がフィリピンに出土することから、縄文人はフィリピンにまで南下していたのではな...
  玉依姫 様 (六六六)
玉依姫 様 (六六六) これは仮説です。 縄文時代の石器遺物に【石鏃(せきぞく、いしやじり)】とよぶ小石器があります。そのなかに、黒耀石(黒曜石)、あるいはサヌカイト製のものが見られます。黒耀石の山地は、長野県の和田峠が著名ですが、北海道にも産出します...
  玉依姫 様 (六六五)
玉依姫 様 (六六五) これは仮説です。 その後南米の【ブラジル】南部には、【マットグロッソ州】が確かにあり、さらにその西には【ボリビア】があrって、ここにも最近ピラミッドが見つかったと報道されています。
  玉依姫 様 (六六四)
玉依姫 様 (六六四) これは仮説です。 古いお話です。記憶も確かではありませんが、昭和二十五年ごろ、講談社から『少年クラブ』という月刊誌が刊行されていました。当時の日本はまだたいへん貧しく、敗戦から立ち直るのに必死の時代でしたから、私の家でもとてもそ...
  玉依姫 様 (六六三)
玉依姫 様 (六六三) これは仮説です。 【山上祭祀】は、山上に柱を立てて神を迎える形に進化したと考えられます。神は降臨すると柱に拠りつくと考え、【依代(よりしろ)】の思想へと進んだようです。これがひとの場合は、【人柱(ひとはしら)】となり、【人は神が...
  玉依姫 様 (六六二)
玉依姫 様 (六六二) これは仮説です。 日本にも【青銅文化】が伝わり、やがて【鉄文化】の時代が訪れ、大陸から【銅劔、銅鉾、銅戈】などが作られたようですが、これらは武具の形をしていますが使用目的は実践用ではなく祭祀目的だったとされるようです。 奈良町時...
  玉依姫 様 (六六一)
玉依姫 様 (六六一) これは仮説です。 >……人間界と神坐すところをむすぶためのにたてる【柱】の思想は、世界中にあり、それは、一本の柱にはじまるわけですが……  についてですが、私の考えでは、現在のお墓の形(石塔や十字架、マウンドなど突起物を造り、あ...
  玉依姫 様 (六六〇)
玉依姫 様 (六六〇) これは仮説です。 【神南備山】、【甘南備山】は、古代から続く信仰の山で、その形状は長年にわたって修景されて来たと推察され、過去にもそのように述べてきました。日本のその数は一千をくだることはないでしょう。(【かんなびやま】の漢字表...
  玉依姫 様 (六五九)
玉依姫 様 (六五九) これは仮説です。 日本各地には、遠望すると綺麗に【二等辺三角形を呈する山】が沢山知られます。このような山には、山上に古代祭祀の遺跡や、小祠が祀られていたり、山麓には神社の社殿が見られます。山麓から山頂へとつづく古道があることも珍...
  玉依姫 様 (六五八)
玉依姫 様 (六五八) これは仮説です。 メンヒル、ストーン・サークル、ストーン・ヘンジ。これにドルメン(支石墓)などは古代の、巨石文化として知られます。その築造された年代はいつごろになるのでしょうか? イギリス、スコットランド地方のストーン・サークル...
  玉依姫 様 (六五七)
玉依姫 様 (六五七) これは仮説です。 日本にも【メンヒル】と目される構築物が存在します。各地の山に登ると、しばしば、巨石が組まれた磐坐をみることができますが、これらに混在してメンヒルと思しき立て岩を見かけることがあります。中には自然の作り出した造形...
  玉依姫 様 (六五六)
玉依姫 様 (六五六) これは仮説です。 【神を迎え・送る】ことと【ひとの生・死】は一如(いちじょ)と考えたのが古代の【祈り・信仰】だったといえるのではないでしょうか。 人間界と神坐すところをむすぶためのにたてる【柱】の思想は、世界中にあり、それは、一...
  玉依姫 様 (六五五)
玉依姫 様 (六五五) これは仮説です。 古代の思想には、ひととは、【人間の体を借りた(憑依)した神】との考えがあり、故人の死を悼みつつも、いずれ転生・再生される思想があったと理解されます。一族の支配の頂点などにあったひとが死去したときなど、その死を悲...
  玉依姫 様 (六五四)
玉依姫 様 (六五四) これは仮説です。 きらめく閃光、轟音と共に落雷は起こり、ときに巨木や巌をも裂き、火を発する自然現象は、古代人にとっても畏怖する【神意】と受け取られたことでしょう。縄文人は、神はこうしてくだり、巌や、樹木、また山を依代として籠もる...
  玉依姫 様 (六五三)
玉依姫 様 (六五三) これは仮説です。 【死者は神となって、定期的に還来する】とかんがえ、【神を迎える齋事を祭として行う】ようななったと考えられます。さらには、神はひとのかたちをとって再生する【輪廻】の思想も敷衍していったと推察されます。このことは、...
  玉依姫 様 (六五一)
玉依姫 様 (六五一) これは仮説です。 「生きとし、生けるもの」にとって生死は、万古不変の摂理ですが、慫慂として従いがたいのはどなたにも共通でしょう。さらには、古代に暮らしたひとびとにとっても同じことがいえるはずです。ひとが生きつづけるためには多くの...
  玉依姫 様 (六五〇)
玉依姫 様 (六五〇) もうひとつ、大きな観念として【人の生死】があります。 ひとはこのように生を享けるとともに、常に死に接するときがあり、いずれは己の死を自覚しなければならなくなります。これは。たいへん嫌なことであり、できれば絶対に認めたくないことで...
  玉依姫 様 (六四九)
玉依姫 様 (六四九) >……ネットが世界を席巻してから、世界中の人々がごく当たり前に自分の意見を言うことが出来るようになりました。人間ですからどの分野の意見も多少の身贔屓はつきものです。そのせいなのかわかりませんが最近では、オリジナルで通っている料理...
  玉依姫 様 (六四八)
玉依姫 様 (六四八)  >……古代史を考える上で秋田の環状列石や北海道の縄文遺跡など北方の遺跡を考慮することも大切ですね。現在は一年の内大部分が氷に閉ざされている(ユーラシア大陸シベリア横断線)と(ユーラシア大陸大草原線)も古代には日本への定番ルート...
  玉依姫 様 (六四七)
玉依姫 様 (六四七)  ……縄文時代の遺跡に【巨石文化】があったことは各地の山や、ときに平地に、巨石を組んだ【磐坐(いわざ)】が築造され【岩坐(いわざ、いわくら)】などとよばれます。これらの中には現在も【神籬(ひもろぎ)】とよばれ、信仰の対照となって...
  玉依姫 様 (六四六)
玉依姫 様 (六四六)  ……「縄文時代がおよそ一万三千年くらい続いた」と考えるのは、日本各地から出土した遺物からの類推だと思います。これだけの長期間が平穏に過ぎることはちょっと考えづらいのですが、これらの縄文人らの暮らしは集落を作り、集団となって生活...
  ◆02524 大井氷川神社祭 更新
◆02524 大井氷川神社祭 更新□社名 氷川神社□所在地 ふじみ野市(旧大井町)□祭神スサノオノミコト 素戔嗚命クシイナダヒメノミコト 奇稲田姫命オオナムチノミコト 大己貴命□祭は七月下旬。 □山車山車の呼称、形態は、屋臺。・上組・旭連 中組、下組(順不...
  玉依姫 様 (六四五)
玉依姫 様 (六四五)  これは仮説です。 ……旧石器時代から新石器時代を経て、やがて縄文時代を迎えます。縄文時代に栄えた縄文文化とは、日本で完成した【日本文化】とされます。縄文文化を築いた縄文人と、旧・新石器時代の民族は同一民族論、あるいは異民族論が...
  玉依姫 様 (六四四)
玉依姫 様 (六四四) >……雄略天皇の時代に多くのソグト人が上総国に来ていたということで私の説を進めていきたいと思います……。  まえに、【日本の古代人はすべて渡来人】とお話しました。仮にいまから二万年前を考えますと、このころは世界の四大古代文明とい...
  ◆02522 平沼八坂神社祭 更新
◆02522 平沼八坂神社祭 更新□社名 八坂神社□所在地 吉川市平沼□祭神タケミナカタノミコト 建御名方命 配祀神 フツヌシノミコト 経津主命 アイゼンオオカミ 愛染大神(愛染明王) 摂社、末社稲荷神社 八坂神社 松尾神社 古峯神社 芳川天満宮 鹿頭大明神□祭は七...
  ◆06005 苗間神明神社祭 更新
◆06005 苗間神明神社祭 更新□社名 神明神社□所在地 ふじみ野市(旧上福岡市)苗間□祭神境内社八雲神社熊野神社子の権現社天満天神社稲荷神社古六天神社□祭 □山車屋臺□汎論 神明神社は文化元年(一八〇四)の創祀と伝わる。神明型鳥居がたつが、八雲神社、稲荷...
  ◆00277 清久八坂神社祭 更新
◆00277 清久八坂神社祭 更新□社名 清久八坂神社(きよくやさかじんじゃ)□所在地 埼玉県久喜市上清久□祭神□祭は七月中旬。 □山車・本村本坐人形は神功皇后。人形は福田東久の作。創建は明治期か? 何代かの更新がある。旧臺は、鷲宮町新町、郡馬県吾妻町紺屋町...
  ◆02518 野田白髭神社祭 更新
◆02518 野田白髭神社祭 更新□社名 白髭神社□所在地 埼玉県入間市野田□祭神□祭は七月中旬。 □山車山車の呼称、形態は、屋臺。・野田地区屋臺は現在は曳行されず飾置きされる。□汎論 白髭神社の創祀は不詳。【白鬚神社】の表記もある。 祭神は、現在は大正時代...
  ◆02537 上里石神社祭 更新
◆02537 上里石神社祭 更新□社名 石神社(せきじんじゃ)□所在地 埼玉県児玉郡上里町石神□祭神タカミムスビボカミ 高皇産霊神カミムスビノカミ  神皇産霊神オオナムチノミコト 大己貴命スクナヒコナノミコト 少彦名命境内社八坂神社白鳥明神社天王社村社・天王...
  ◆06984 萩平八幡山神社祭 更新
◆06984 萩平八幡山神社祭 更新□社名 八幡山神社□所在地 埼玉県秩父郡東秩父村御堂萩平□祭神□祭は十一月上旬。 □山車山車の呼称、形態は、笠鉾。□汎論 萩平には、【山神社】と、【八幡神社】が鎮座していたが、昭和三年に合祀され、社号も【八幡山神社】となっ...
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] 
undefined
 ◆日本山車論
目次
 ◆左甚五郎傳
左甚五郎傳
 ◆斐太ノ工
斐太ノ工
 ◆谷口與鹿
谷口與鹿
 ◆論攷 延喜式神名帳
論攷 延喜式神名帳
◆阿波國
◆安房國
◆安藝國
◆伊賀國
◆隠岐國
◆越後國
 ◆古代祭祀と神南備山
古代祭祀と神南備山
 ◆玉依姫  様